上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーで売っている揚げ物の惣菜をどうやって温めますか?
普通はそのままかお皿にうつしてレンジで加熱でしょう。

自分もフライ系はレンジなのですが、天ぷらはトースターで温めます。
_20160717_073510.jpg
↑トースターで加熱した天ぷらによる天丼。


トースターは焼くに近いので、表面はサクッとなりますし、油がじゃんじゃんでてきます。
なので、トースターの中は一度で油臭くなるのですが、これで天ぷらは断然おいしくなりますね♪

油したたるの嫌だからアルミホイル敷きましょうとありますが、アルミに天ぷらが接していると、出てきた油でアヒージョ状態になるので、天ぷらを乗せる網が必要になります。


ちなみに1000Wでやると、端っこが即効で焦げますw

スポンサーサイト
柏駅周辺のラーメン店では行列当たり前なお店、誉に行ってきました。
誉おいしいんだけど、おいしくて並ばない店もある柏ではなかなか行ってなかったです。


実はこのお店のつけ麺を食べるのは二度目。
前回しょうゆ系を食べてしょっぱかった記憶があるので、今回は味噌系の黒にしてみました。
_20160716_230103.jpg

つけ汁の中に半分卵とチャーシュー1枚、メンマ、ネギが沈んでいて、メンマとネギは無料増できます。
黒は濃厚という話でしたが、しょっぱくて辛い><
味の説明に辛いとなかったのでびっくりでした。

つけ麺でしょっぱいと最初からスープ割してほしくなりますね。


で、〆のスープ割を頼むと、チャーシューの端切れを刻んだものとネギを足し、スープを入れてくれるのですが、スープ少なくね?
飲んでみる・・・う~ん、しょっぱい。
水で薄めようかなと思ったけど、目の前にずっと店員さんが立っていて、暇なのか客の食事を見まわしているのでやりづらい(^^;)

というわけで、最後まで飲み干せないまま退店しました。

次からは、やっぱラーメンにしようっと。

東京ディズニーランドにて、中国人観光客所有の充電器(中国製)が爆発したニュースで、多くの人がこれだから中国製は、とか中国製持ち込むな!と言うのが多かったです。


充電器はそれ自体にMade in ○○って記載されているからわかりますが、じゃあスマホに内臓されているバッテリーがどこ製なのか知っている人や気にしている人、どれくらいいるわけ?というわけです。

2年前の情報ではありますが、とあるキャリアの人の話だと、
sony、Panasonic、京セラ以外(京セラって自体でばれるかw)はバッテリー2社供給は当たり前で、1社はLGorサムソンor中国メーカーが基本。100%日本製は自社製造でもないとコスト的に難しいのでしょう、という話でした。


でも、日本のスマホメーカーの規格で作り、日本に来てから組み立て時に日本人が検査しているんでしょ?と思う人がとてつもなく多い。
とあるスマホメーカーの話では、日本製のバッテリーの不良(発熱、膨張等の重大不良)が数十万~数百万に1台だそうです。
で、韓国製が千~数万台に1台と日本より百倍不良が多いそうです。
で、中国製は韓国のそれより悪くて、中国製は導入できなかったとの話もあります。


まして、今や日本企業のスマホだって、組み立ては海外でなんてザラです。
日本には店頭で見かける梱包された状態で届くので、企業によっては抜き取り検査をしますが、それも何万台に1台なんでしょうかね?
なので、日本のスマホメーカーだろうとアップルだろうと、バッテリーの供給メーカーに韓国や中国が入っている可能性があり、中国で販売されている格安スマホよりはマシ、というレベルで考えてもらって、部品レベルで中国製不買運動でもしない限り、日本人が持ち歩いているスマホでも同様のことが起きる可能性はあります。

しかも、日本人は発熱していても、膨張していてもそのまま使いますからね・・・
自分にはディスプレイ割れていても使い続けられる人の安全への無関心さが怖すぎです。



今や、日本でも中国メーカー、台湾メーカーのスマホはMVNO提供により急激に増えています。
自分は意識して、中国系、韓国系スマホは避けています。
別に日本製信者というわけではありませんが、安さしかウリにできない時点で、安物買いの銭失いどころか今の時代なら自分の身体的ダメージプラスにもなるので、安いから、みんなが使っているからなんて理由ではとても選択できません。


こういうスマホ関連の事故ニュースに反応するのであれば、自分のスマホについてだけでももう少し関心を持ちましょう。
2016.06.28 産地の信頼性
日本って産地に関して細かいし、消費者もうるさいけど、直販が増えていることから産地偽装が容易になっているそうですね。
ようは半分は本物、半分は偽装品で、まとめ売りとかそんな感じ。

日本人は産地で物の良し悪しを判断します。
お米ならやっぱ新潟が一番だよね!って新潟も広いので、地域によって、作り方も味も異なるんですよね。
まして、産地が違っても気づけない人がほとんどで、自分もコシヒカリを食べ比べて、産地が違う!なんてできません。


実際、海外のとある国では産地表記義務はなく、輸入品は輸入品とわかるようにすれば国産はどこで作っていようといいよ、となっています。
3.11のときに福島産のみならず、日本産全部が輸入停止した国が多いのは、産地表記なんて偽装しやすいってわかっているからなんです。


ただ、輸入品への表記義務は厳しい国も多く、EUのとある国では、自国産、EU産、その他産(国名記載)とわけられており、自国産以外を自国産と偽装すると、日本のように業務改善命令ではなく、営業停止処分になります。
しかも、これは行政処分で、その他に購入者への賠償が発生します。
日本は買った証明をした人には交換、それ以外へは紙っぺらか記者会見で謝罪しておしまいですが、その国では購入者は申し出のみで店頭価格で支払います。
だから、買ってないのに買ったと嘘つくエセ消費者もたくさん押し寄せるわけですが、そいつらにも払わないといけません。
払いたくないなら偽装なんかすんな、ボケ!というのがその国か政府か司法の考え方のようなので、日本とはくけた違いに産地偽装が少ないです。

というか、自国産は流通ルートや農家等を証明できないと、EU産にしちゃうなんてお店もあるくらいらしいです。
自国もEUだから間違ってはいないという解釈なんでしょうねw



日本は自給率を上げようと必死な農林水産省の力によって、産地偽装対策はなぁなぁと業界の自浄作用に頼りっきりです。
でも、消費者はデフレにどっぷり浸かりきって芯もなくなった人が多いので安さ重視になり、業界は産地偽装してでも安くても利益が出るようになっちゃっているわけです。


自給率はカロリーベースで40%くらい、生産量ベースで65%くらいです。
で、生野菜や米、畜産、卵はまだまだ国産をブランド化することで、自給率維持になっているようですが、最近見るのが大企業の商品で主要食材が国産100%だということ。

日本のポテチがほぼ100%なのは生じゃがいもを輸入できないからで、加工済冷凍じゃがいもなら、フライドポテト等じゃんじゃん輸入されているわけですよ。
で、それらは昔から自給率高いものですが、小麦や大豆といった物はその大手が手を出したら国産小麦or大豆の価格が高騰するだろ?
だって、国内生産量の2割買い占めないと国産小麦100%とかにならないですよ?


で、いつも自分はこういった加工品って本当に国産100%なのかなって思うわけです。
これが実は10%しかなくても、加工品なんて尚更わからないし、内部告発&官庁による査察でも入らないと証明できん。

企業としては、中身変えなくても国産100%というパッケージにするだけで、価格は上げられるし、販売数量が落ちても利益が増える。
って、考えちゃって、いつも国産!をウリにしている物に特別魅力を感じることはありません。


でも、先日話をした外国人に国産を惹かれないのは日本人らしくない!と言われましたw
oh・・・日本人ってそういう風に見られていたのね(^^;)
マルハニチロが株主総会より先に株主優待が届きました。
自分はいつも缶詰詰め合わせです。


_20160624_194649.jpg
店頭で見かけない瓶詰めふりかけ旨いですわ~。
ご飯進みますわ~。

ぶっちゃけかに缶のほうが使い道困りますわ~w
かに玉以外に使い道知りませんわ~w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。