上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イオンはトップバリュ以外にも、各メーカーと企画段階で共同、開発メインはメーカー、販売はイオン系のみという正直一般客にはイオン限定とPBの違いはよーわからんという感じです。

しかも、パッケージにはメーカーの名前とイオンのロゴが両方あったりするのに、どちらのHPを見ても商品告知していないので、店舗努力でしか認知度が上がらないということで、メーカーも採算取れるんかいな、という疑問すらあります。


例えば、日清食品が出したイオン上場40周年記念カップ麺。
ラ王と多くの物を共有することで、開発/生産コストを下げたようですが、それなら新しい商品じゃなくてラ王でイオン限定商品出せばよくね?という感じです。
株主じゃなければ上場40周年なんて記念でも何でもないですしねw


さて、今回はしるこサンドについてです。
愛知県民なら知っている人が圧倒的な県民食。
なのに、なぜかトップバリュでも商品化されていて、関東でも売っています。
これおいしいけど、愛知県民あんこ好きやなー。
そんなしるこサンドがアイスになりました。

_20160525_163951.jpg

あずきアイスと言ったら井村屋、しるこサンドと言ったら松永製菓というわけで、この2社のコラボ商品です。
で、何でイオン限定販売なんでしょうね?
愛知と言えばユニーであり、その子会社であるサンクス限定ならまだわかりますが、イオン限定にしてもいいと言えるほど、井村屋や松永製菓の利幅は大きかったのかな?


ちなみにもうすぐ終売なのか、定価が160円くらいなのに今や110円くらいで販売している店舗もあります。
2月下旬発売で夏前に終売って、もはやアイスとして採算取れるとは思えませんね(^^;)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。