上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イオンの冷めてもサクサク食感があるザクうまコロッケに続き、なんとノンフライコロッケ、焼きうまコロッケが登場したということで買ってきました!

今回買ったのは、紅いもコロッケと海老のビスク風コロッケです。
yakiuma03_img.jpg
yakiuma04_img.jpg


これすごいなぁと思ったのが主原料が国産ということ。
それなのに1つ100円なので、試して損はしないですよ♪


まず、ノンフライというころで、しっとりしていてコロッケのサクっとした衣の食感はありません。
なので、箸で持つと真っ二つになって更に落ちそう!
食べるには皿の上で切ってから口に運びましょうw

紅いもコロッケは甘い!
甘いのはおかずにならん!という人以外はいものおいしさとこの甘さに魅了されるんじゃないかな?

ビスク風はそもそもビスクを食べたことないので、味が似ているかはわかりません。
写真だと海老の身の存在がありますが、食べると味だけで海老の食感は皆無でした。
でも、海老の味はするので、海老クリームコロッケほどクリーム感がいらない人向けかな。
というか、イオンの惣菜売り場に海老クリームコロッケあったかなぁ?(@@)



次回は残りの2種類も食べたいと思います!

トップバリュは知名度を広げる為に安かろう悪かろうだったり、PBのコピー品ばかりでしたが、ここ数年は飽きられている点から、酒類を激減させてでも、よりおいしく、価格以外の面で再購入される物と、国産原材料や伝統的な製造にこだわった高品質が増えてきました。
高品質はローストビーフのステーキとかで有名なトップバリュセレクトで、庶民はなかなか買えませんが、高いだけあるなと思っちゃうクオリティです。

そして、より身近なものは個性的になりましたね。
ザクうまコロッケや焼きうまコロッケもそうですが、ギリシャヨーグルトやワールドダイニングシリーズは日本人にはなじみない料理を馴染みあるものにしてくれます。
ここがコンビニ向けを意識したセブンプレミアムとの違いかな。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。