上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマトやリコピンが豊富でビタミン等の栄養素も豊富です。
カゴメが色々いじってリコピンがより豊富な高リコピントマトを販売したりもしています。


で、リコピンは美容にいいという触れ込みで女性に注目されています。
美容にいいだけだったら、ビタミンもミネラルも、というかあらゆる栄養素をバランスよく摂取することが最も美容にいいのですが?
(美容により効果がある、といううたい文句も何と比較してより効果があるのか記載してほしいですね)

まぁリコピンは美容でも主に肌質に関連することで効果があるのはカゴメの研究によると事実のようです。
でも、リコピンはいうなればサビ止め。
すでにサビている(肌の高酸化、肌荒れ、肌の老齢化)状態には効果はありません。
まずはサビを取り、その上で、リコピンというサビ止めを定期的に定量的に摂取しないといけません。

なんて、マジレスしたら、知り合いの女性がめっちゃ怒ったのですが、実際の効果よりも思い込みのほうが大事ってことですかね・・・


ちなみにリコピンは熱に強く、油に溶ける為、トマトを加熱調理したほうがリコピンの九州は格段によくなります!
トマトを生でしか食べない人は、ぶっちゃけマヨラーのケチャップ版並みにケッチャプ愛用している人ほどのリコピンを吸収できていません。
油も吸収がいいので、油+加熱することで、リコピンの吸収に関しては最高なわけです。
ケチャップ、ミートソース、等といった、トマトの原型一切なしでもOKなわけです。
だから、油忌避する前に健康や美容の為には油が大事なのも知っておいてください。

あ、なおビタミンは加熱に弱いそうなので、トマトの持つビタミンは壊れてしまうかと思います。
リコピンだけにとらわれず、栄養バランスにすぐれた食生活が最も美容にいいので、そこら辺も意識しながら献立を考えると、パズルくみ上げるみたいで楽しいかもね♪
先日、井の頭自然文化園に行った際のランチにまぜそばで有名なぶぶかに行ってきました。



注文は黒まぜそば+味玉子です。
_20160619_174725.jpg

底にあるめっちゃ絡む色も粘性も濃厚なタレを全体になじませるべくノリ以外をぐっちゃぐっちゃかきまぜます。
チャーシューは混ぜている間にほぐれるほど柔らかいです。
玉子にいたっては黄身が白身から脱出し、タレと一緒に混ざってしまいましたw

で、一口。
濃厚なのにしょっぱくない!
こういうまぜそばで濃厚系はこってりでしょっぱいのが多いですが、こってりはしているもののしょっぱくないので、喉が渇く心配はない!
うそ、やっぱり水はほしい。
こってりしているので、それに関しては水分必須ですわw


いや、でも旨い!
ここを知ったのはカップ麺でしたが、カップ麺は似ているだけで、全然旨さが違う。
タレの濃厚さ、絡みっぷり、具材のバランス、麺のコシ、全ての一体感がカップ麺には絶対表現できないレベルでした。
正直、ぶぶかはよくあのレベルのカップ麺でOKだしたな、と思います。
だって、お店で食べると劣化コピー感ハンパないですもん。


吉祥寺に行ったら、一度はぜひ足を運んでほしいお店ですね。
今月までの株主優待消化の為、大戸屋に行ってきました。

去年から新商品出る頻度減ったなぁ・・・
山梨の野菜工場閉鎖したし、都内にある商品開発所も本社キッチンに移動したり、そもそも開発していたシェフが辞めていたりして?
大戸屋は今の社長になってからも、取締役にいるのって社長以外一人だけなんですよね~。

店舗ではサービスや食事の品質が下がらないといいですが、今の社長は独創性あって旨い物より、いかに今の資産で利益を出すかのマネーゲーム派なイメージだから、もしかしたら株主やめちゃうかもな~。


そんなわけで、炭火焼きバジルチキンサラダ定食
_20160618_120847.jpg
この商品はデフォがしそひじきごはんなのですが、白米にしてもらいました。
(差額値引きはありません)
なぜかって?

それは、卓上のごまめしおを堪能する為なのじゃー!!
しそひじきがあったら、ふりかけとガチンコバトルしちゃうからね☆

って、ほとんどの人はしそひじきを選ぶでしょう。
でも、自分はもこみちがオリーブオイルを白米にすらかけるように、ごまめしおをかけます。
五穀米でもいいんだけど、そうなると塩分がね。
(まぁ、夏場は塩分過多にならないとは思いますが)


つか、味は変わってないのですが、盛り付けへたくそになりましたね。
今までだと、トマトやゴボウといった少量の野菜もちゃんと入っているのが見た目でわかるような盛り付けでした。
マニュアルにも、ゴボウはこの位置、トマトはこの位置、ブロッコリーはここ!って書いてあるはずなんですよ。
なのに、届いたとき、トマトは肉の下、ブロッコリーも右側のが肉の下です。
左のブロッコリーは下にゴボウがいました。

大戸屋で感動したのは、良い思い出になっちゃうのかな。
_20160618_120830.jpg


ガラスの器の底にポンデリングにしがみついたリラックマがデザインされているんです♪
いやぁ、可愛いっすなぁ~(*^o^*)

これが2つセットで、更にドーナツ7つ購入でなんと1080円という安さ!
ドーナツを定価で7個買えばそれだけで1000円前後になります。
1個100円換算でもこの器2つで380円ということですよ!?
可愛くて、実用性あるんなら、ドーナツ7つ食べるのがちときついけど、買いますがな!



で、実はこのキャンペーンは先月からHPで見て、知っていました。
そのとき、なぜそう見間違えたのか、7/1からって思ったわけです。
(実際は6/1から)
で、一昨日ミスドの前を通ったら、キャンペーンのPOPが出ているじゃないですか!

そこで、月を見間違えていたことに気づき、今日近隣のミスド5店舗めぐりましたが、ブルーのほうはどこも終了していました。
やっぱ、ブルーのほうがいいですよね~
まぁ、クリアのほうでもあるなら買いますけど。


次の7/6からのキャンペーンのビーチバックがいらないけど、ペアグラスもひかれるなぁ~
柏市はラーメン激戦区とはいえ、人気店の多くがしょうゆや味噌味で、背脂こってりor味濃い目or太麺&もやしどっさり、といういわゆる若い男が好むようなタイプが多いです。

おいしい塩系、脂がほとんど浮いてないあっさり系なんてそれぞれ1、2店舗くらいだったりします。


そんな中、個人的には柏市内のラーメン店でTOP3に入るのが深澤ラーメンです。

駅から徒歩圏というにはちと遠い。
価格は柏のラーメン相場からしては圧倒的に高い。
なのに休日は常に相席、待ち時間必至な名店です。

価格が高い分、学生さんは来ません。
近所の人が家族で一人で、車で自転車でやってきます。

店の雰囲気は家内制中華料理店のちょっとおしゃれ版。
お店は夫婦と娘さんかバイトの女性なのか、3人でやっています。

まず、ご夫婦の接客レベルが高い!
店主は、常連さんで辛いの好きな人がマーボー頼んだときに、前回のより辛いほうがいい?なんてきいたりしているんですよ!
奥さんは会計、配膳、調理補助しつつ、全ての席の状態をチラ見していて、ピッチャーの冷茶の補充や客のコップに冷茶を注いだりと、家内制とは思えない気配り!
料理は高級中華料理店で働いてきた店主なので、本物の味です。
脂っこいのや太麺がっつり系はありません!

中華料理ならではの細麺と鶏ガラあっさり系がメイン。
中華鍋2つで、具を炒め、チャーハンを炒め、冷やし系の麺を冷やします!


そんなお店で注文したのが、小籠包と海老ワンタンメン(塩)です。
_20160611_124945.jpg
小籠包は正直、普通です。
中華料理店であれば、どこでもこれくらいのレベルのものは食べれるから?
箸で持つと破けるので、レンゲで上手く掬い、そこに酢醤油をかけるのですが、この酢醤油が旨い!
酢の酸味はかどかどしさがなくてまろやか、しょうゆはほんのり甘い、そしてそこに刻んだしょうがが入っていて、このタレが個性的にしているんです!!


_20160611_124931.jpg
海老ワンタンメンはそこらのワンタンメンよりワンタンはしっかりしています。
海老はぷりぷり、ワンタンも味があって旨い!
具が寂しいと思うでしょう?
もやしどっさりよりも量は圧倒的に少ないけれど、青梗菜、水菜、カラーピーマン、タマネギ、紫タマネギが入っていて、彩りが魅せますよ。
しかも、タマネギ系は生なのに辛くなく、青梗菜は湯通し?かな火が通っているけれど、シャキシャキ感もあります。
絶妙な火加減はさすが中華!

これで1200円なので、ラーメン屋としては高いでしょう。
でも、自分も常連になって好みの味を覚えてもらいたい!!と思うくらいまた通いたくなるお店です。



ちなみにHPは季節毎にメニューを更新していて、数量限定フカヒレラーメン出していたときは、2000円もするのに、毎日完売だったそうですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。